You are here:  / ファンドラップって何?その概要とメリット及び注意点を解説します

ファンドラップって何?その概要とメリット及び注意点を解説します

ファンドラップの概要を理解しよう

ファンドラップとは、銀行や証券会社などに所属している金融のプロに資産運用を一任できるサービスのことです。似たような金融商品として投資信託がありますが実際は似て非なるもの。投資信託においては自己責任でファンド選定などをする必要がありますが、ファンドラップは選定から管理に至るまで全て丸投げできるんですよ。従来のラップ口座と違い、数百万円から始められることもファンドラップならではの特徴。敷居の低さが話題となり、現在のファンドラップ口座残高は増加の一途を辿っています。

ファンドラップのメリットとは

ファンドラップのメリットは、知らぬ間にハイリスクなファンドに手を出してしまっていたといった失敗を避けられることです。投資の専門家が運用を行ってくれるため、そのような素人特有の失敗とは無縁なんですよ。ファンドラップにおいては、契約前に徹底したヒアリングが行われます。その際に、自分自身でも気づかなかった投資に対するスタンスが分かるので、納得した上で運用をお任せできるんです。投資に慣れてない人は、途中でポジションを切替えることが不得手。損失が出ているのについつい持ち続けてしまうといった失敗が多々あります。ですがファンドラップなら、プロが相場にあわせてファンドの組み合わせを見直してくれるので安心です。

ファンドラップの注意点を知っておこう

ファンドラップは手数料が高い傾向にあるため気を付けましょう。銀行や証券会社によって違いますが、その割合は約2%から5%です。ファンドの平均利回りを考えると許容できる手数料は3%ほど。それより高い手数料体系になっているファンドラップは避けた方が良いでしょう。もうひとつの注意点は元本保証がないことです。投資なのですから仕方のない話ですが、その点について十分認識しておくことが大切です。ファンドラップはプロに全てを丸投げ出来ることが利点ですが、当然相応の手数料を支払わなくてはならず、元本割れリスクもあることを知ったうえで利用することが求められます。

株式投資とファンド投資を比べてみますと、株式投資をするには知識と経験が必要となるのに対して、ファンド投資にはプロに任せられるというメリットがあります。