You are here:  / 最近ニュースでよく耳にするリートとは何なのか?

最近ニュースでよく耳にするリートとは何なのか?

リート知ってますか?

投資家といいますと、株式に投資をする人というイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。あるいは、もう少し投資に詳しい方であれば、債券への投資ということもイメージされるかもしれません。それでは、リートはどうでしょうか?全然そんな言葉は知らないという方もおられるかもしれませんし、時々聞いたことはあるのだが実はその意味をよく知らないと言う方もおられることでしょう。そこで、ここではこのリートについてご説明することにしましょう。

リートの仕組みとは?

まず、リートとは、英語のREITを発音したもので、このREITは、Real Estate Investment Trustの略となっています。日本語に翻訳すれば、不動産投資信託です。それでは、この不動産投資信託とはどういうものかと言いますと、投資家から預かったお金を不動産物件に投資して、そこから得た賃料収入を、分配金として投資家に還元するというものです。また、REITの各銘柄は、株式のように売買できます。

REITの歴史はまだ浅い!

ですから、REITの銘柄を株式のように売買することによって、キャピタル・ゲインを得ることも可能です。なるほど、でもそれならなぜ株式のように有名になっていないのかと思われるかもしれません。それは、日本でこのREITの制度が始まったのが、2000年代に入ってからと比較的新しいからだと言えるでしょう。アメリカでは、50年以上前から始まっていた制度なのですが、日本ではまだその歴史が浅いということなのです。

j リートのファンドとは、複数の投資家から集めた資金を元手に不動産物件を購入し、物件の売買や賃貸収入で利益を得る投資信託です。